勉学

保育士になるために学校で学ぼう~プロの保育士をめざす~

学校の選び方

女性

保育士と並び人気がある職が、幼稚園教諭です。幼稚園教諭には、幼稚園教諭免許状という国家資格が必要です。幼稚園教諭免許状には専修、1種、2種、の3種類があります。この免許取得後に、公立の場合は都道府県の行なう教員採用試験や、私立の場合は、私立幼稚園の採用試験に受かる必要があります。他にも、保育士として3年以上の実務経験がある人も試験をうけることが出来ます。幼稚園教諭は、公立の場合は、公務員になるため、資格を取ることはとても難しいと言われています。そのため、大学や短大でしっかり学ぶことが大切になってきます。学校を選ぶ際に大切なことは、いくつかあります。学校の理念や教育方針は大切です学校によって、その色は大きく変わってきます。自分の学ぶ土台にもなってくるところですので、しっかり選んでください。また、卒業時に取得することが出来る資格も確認するポイントです。最近では、こども園といって、保育所と幼稚園の良い所を併せ持った新しいスタイルの施設も新しく出来てきました。このような施設で働く際は、保育士と幼稚園教諭、2つの資格を持っていることが重視されます。両方、取得することが好ましいでしょう。学費も、重要なポイントです。他にも、就職率や、実績も確認して考慮しましょう。創立の長い学校は、卒業生が多く、実際に働く職場に先輩がいることが多くあり、有利です。
学校によってその特色は違ってきます。ポイントを抑えて、自分に合った学校を探すことが大切でしょう。